忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は他県より異業種の方5名が、我がりんご畑に訪れた。
一度にあの人数のメンズが畑に居ることは滅多にないので、写真に撮りたかったが何となく言い出しづらくてそのまま撮らずじまい。

持ち帰るための(摘果で落とした)実を拾ったり摘果したり。数時間で彼らの目的は達成されたが、いかんせんそこは素人さん。なっちゃいない。彼らが摘果した箇所を後で見直したりで、私たち今日はもうヘトヘト〜。摘果をなめンな〜。

110617.jpg

PR
110614.jpg昨日、りんごの摘果作業のためにはるばる佐久市より助っ人が登場。

疲れる〜だのキツい〜だのと近頃のブログに書いてあるのを真に受けて(失礼)、私たちの窮地に手を差し伸べてくれたエンジェルのようなMちゃん。愛だね。愛。

きっちり作業してくれたおかげで、今日だいぶ進めることが出来たよ。またブログの言葉に騙されたふりして(笑)勉強がてら助けに来てね。農家の手が必要な時はいつでも佐久に行きますよ。

またゆっくり色々な話をしましょう。ありがとう。
110603.jpg食欲が落ちて来た。

まだ予備摘果はすべて終わっていない。今朝はどしゃ降りで飯前仕事に行けなかった。ずるずると作業が遅れて気ばかりが焦る。疲れがたまり身体に軽快さがない。よけいに進みが悪い。

昨年はとっくに予備摘果が終了していたこの時期に、なぜ今年はこんなにもたついているのか。理由の一つに、今年は霜害などがなく桃・プルーンの結実が非常に良好だということが挙げられる。ようするに、たっくさん実って摘果で落とす量が多く、時間がかかるということ...。(左画像はサンタス摘果前)

結実が良いのは大変喜ばしいことなので、疲れた疲れたばかり言ってちゃ罰が当たりそうだ。とりあえずプルーン好きの人には朗報かと。


第6回農事録が掲載されております。この時期の入稿は本当につらい(泣)
長野県のおいしい食べ方
110610.jpg

今年こそ絶対に間に合わないぃぃぃ









摘果、摘果の日々。身体のあちこちが痛くなり始めた。

昨年に比べ2週間以上、平年では10日以上早い梅雨入りのおかげで、果実の肥大が想像以上に進んでいる。たった一日で実はぐんぐん大きくなる。それを眺めて「うわぁ」とか言ってるひまがあったら手を動かさねばならない。そのくらい今年は差し迫った事態となっている。

毎年同じような安定した季節が巡ることはもうあきらめているけれど、今年はこう来たね。カッパ着用の作業に慣れるのは、いつもならもっと先のことなのに...。新調した雨ガッパはすでに汚れている。

果実の肥大もすごいが、草の繁り方もすごい。
でも草退治する余裕がない。いつもの年以上にない(泣)
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]