忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [479]  [478]  [477]  [476]  [474
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アスパラの発送もいよいよ大詰め。

今年は内心どうなることかと案じていたがなんとかお届けすることができそう。ふぅ。まだ届いてない方、もうしばらくお待ちを!!

さて、今日は町内のお花見があった。お花見といっても会場の周囲に桜の木はない。(そもそも須坂市内の桜はまだ咲いていないのだが...)でもなぜか毎年この場所で「お花見」が行われる。いつもは夫だけが参加していたのだが、たまにはと思って今年は私が行ってみることにした。

行ってみると意外に人がいる。100人くらい集まっているようだ。ほとんどが60代以上のオジサンだが、よく畑で会う人ばかりなので、たいていは顔見知りだ。集まりの中央あたりに親しくしている30代の奥サマ数人を見つけ、同じテーブルについて談笑。

正月と桜の花見の時だけは昼間からお酒が飲めて「ぜいたくだな〜」って感じるけど(オッサンか)、いかんせん奥サマ方はみんなジュースで、つまらない。やはり花見にお酒はつきもの。たとえ愛でる花がなくとも、酔っぱらったオジサンにからまれようとも(からまれてないけど)、互いにお酒を楽しみながら飲んで過ごしたいと、別にお酒に強くなくたってそう思うのが風情ってもんじゃないのかね?

いや、やっぱり桜は必須だな。「お花見」だもの(笑)。農作業があればゆっくりお花見することも少ないので、せめて町内で満開の桜の下、半日くらいは花とお酒に酔いしれてみたいものだ。






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]