忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今度は静岡県のお得意様よりお便りが。

かわいいなぁ
0402b.jpg

ふふふ
0402a.jpg

泣きそうだ...
0402d.jpg

直筆には敵わない。日頃はどんな用件もメールで済ませることが多いが、こういうのが届いた後は普段のぺらぺらっとしたメール文がちょっと悲しい。どんなに言葉を尽くしても、メールでは受け流される気配があるように思う。商品や贈り物にはなるべく手紙を添えるようにしているが、時間に追われて書けないこともある。そんな時はせめて電話をかけると決めている。電話はある意味面倒だったりするけれど、たまには声を聞きたいし、贈られた場合はなおさらだ。このハガキには短い文しかないけれど、アスパラに込めた気持ちは彼らに伝わったのだと、直感的に断言してしまおう。

表面はどちらも奈良美智だった。イカすなぁ。
0402c.jpg
PR
くだものの時とは少し様子が違うが、まがりなりにも収穫期。今日も慌しく過ぎた。

0331.jpgこんな時の至福といえばビールでプハァ、...ではなく(いや、それも最高)アスパラを購入して下さった方から寄せられた声。「普段アスパラを食べない娘が食べました」とか「スープにしてみたらアスパラの味が濃いのでコンソメとか入れなくてもおいしく作れました」とか。千葉県のSさんからはこんな風に作りましたよ、というお料理がプリントされたお葉書が届き、感激で言葉もないくらい。ただただ、ありがとうございます。

こんな風に喜んでもらえて、つくづく、いい仕事だと思う。正直、農業に従事することが心底「楽しい!」とはまだ言えない。そればかりか農業をやりたくて始めたわけではない。あ、これ問題発言?(笑)植物というものに憧れて今はこうしているが、始まりはそうなのである。「何かを」「誰かが」始めたほうがいいなという気持ちが先にあって、今の私は農業を選んでいる。そんな表現が相応しい。それがこのブログタイトルの所以でもあり。

ただ、私もついに百姓だなぁと思う瞬間がある(実際百姓なんだが)。アスパラを発送用に荷造りする際、1本1本のアスパラたちがもう可愛くて可愛くて仕方がないのである。「おいしく食べてもらうんだゾ~」なんて声かけちゃうし。マジメな話。........。5年でここまで来ました。乞うご期待です。(何をだ)
いつもより遅く収穫に向かった。
0330a.jpg

これは庭のふきのとう。
0330b.jpg

恒例デカ画像。なかなか去年の記録は超えられないねぇ。
0330c.jpg
今朝は畑もハウスも粉砂糖をふったように白くなり、近くの山は真っ白だった。昼間も雪が舞い、まだまだ薪ストーブ頼みの日が続く。

去年
といいその前の年といい、やっぱりこの頃に雪が降るんだなぁ。5年経ってようやく認識。冬好きとしては雪も名残惜しかったりするが、低温はアスパラの生育を直撃する。一時の暖かい日と比べると収穫量は半減。日中の陽射しがあればハウスの中は暖かくなるんだけども...。注文の受付が落ち着いたあとはガンガン発送するのみ!という...そんな時なんだが。今はぼちぼち発送中。(気長に待って下さるお客さま、ありがとうございます)

当園の顧客の中には私たちの友人も多いけれど、とりわけ珍しい客と言えば、それがまぁなんと言うか「とても友だち想い」の友だちで。彼は私たちが就農した頃から購入してくれている。りんご、フルーツパック、そしてアスパラ。たくさん注文してくれる。...が、それらはすべて彼の友人宛のギフトであって、当人はまだ一度も当園の作物を食べたことがない。注文をもらう→ギフトを贈る、その繰り返しである。

彼はアメリカに住んでいる。彼以外の家族が帰国した際にウチの果物を食べたことはあったようだが、彼だけは未だにない。(一度だけちょうどこの時期に遊びに来てボケかけたりんごを食べたことがあったっけ)買うばかりで食べていないという状況はこちらも心苦しくあるのだが「友だちが美味しいものを食べられればそれで良し」と言う。ほんまに友だち想いやなぁと言うと調子にのるから3年に一回くらいしか言わないけれど。近ごろ新聞の一面をにぎわせた某大企業Gにいて、たぶんプログラマの間ではかなりの有名人だろうが、それが何?という雰囲気で全く偉そうにしない。そもそもGに入ったことすら私に言わない。(知ってるけどね)ま、そんなひょうひょうとしたところが彼らしくていい。

雪の日にぼんやりと気づく。想われている(応援されている)のは私も同じだってことに。彼とその家族と一緒に旬のものを食べられる日はいつになるのだろう。ほのかに、待ち遠しい。
午後からは冷たい雨。最近少し息切れ気味の私たちに良い休息を与えてくれた。

今年のアスパラは目覚めが遅れている模様。多少収穫はしているが直販を始められる状態に至っていない。昨年は16日にメールで直販案内を送り18日から発送を開始しているので、明らかに遅れている。まだ?という問い合わせがちらほらあってちょっと焦るのだが、焦っても毎度仕方のないことで。いつでも発送できまっせー!という状態になったら速攻で案内します(笑)それまでお待ち下さい。

萌芽の後ここまで足踏み状態だったことはこれまでになかったかなぁ。続けていると色んなことがあるものです。ただ、1週間後にあるイベントでもアスパラを直売することになっていて。ふふふ...どうなるのでしょう。担当者が読んだらドキドキしちゃうかな...私もドキドキです...
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]