忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンタス、不発...!!

ドカッと穫れるとは思っていなかったが、(一部の樹を除いて)予想以上に遅れている。お盆期間は出荷所や市場が休みになるので、今週はめいいっぱいキッチリかっちり収穫スケジュールを決めていたのに...。いやはや、困ったね。(お届けはヂリヂリと進む模様です。スンマセン。)

それはそうと、天気予報どおり今日もまさに秋!といった陽気になった。陽射しはきびしいけれどカラッとして風がやや冷たい。9月に行った北海道を彷彿する。あの時も暑かったけれど、夜は寒いくらいで気持ちがよかったなぁ。あれはもう8年も前になる。あのツーリズムに参加した皆は元気だろうか。しばらく連絡もしていないが、今日みたいな風を感じた時は、いつも思い出している。

そのツーリズムは今思い出しても、かなりマニアックな内容だった。参加した時、私はもう農業の道へ進むことを決めていたが、この時の体験がいっそう植物への関心と憧れを強くした。時々、この初心を忘れていやしないかと自分に問う。

慌ただしく過ごしていると、色んなことを忘れそうになる。ついつい流されてしまう。何とかしなきゃと思っていても、変わりない自分に情けなくなる時もある。収穫期は体力だけでなく気力も消耗する。毎日、植物の営みに合わせて暮らして行くということは、年々慣れつつあっても、やはり大変だ。ただ、あのツーリズムの思い出が、いまだに私の戒めにもなっていることは救いかもしれない。

しかし、植物に休みはないのに市場が休みになるなんて。いまだに解せないね。ま、こういうことでもなきゃ、我々も休めないのだけれどね...


ホッカイドー(ビエイ)




PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]