忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[314]  [313]  [311]  [310]  [309]  [308]  [306]  [307]  [305]  [304]  [303
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

0608.jpgプルーンの一部品種を除き、予備摘果はほぼ一巡した。桃はいよいよ本摘果に突入。写真は「白鳳」の現在。ちょっと前までこんなに小さかったのにね。ひと月でここまで生育。さんきゅう。

これからまた一巡りかぁ。この先は支柱立て(重みで垂れてくる枝を長い棒で固定し支えること)にも気を遣わねばなるまい。情けないことに、今年も早速プルーンの枝を一本折ってしまった。「あの畑にそろそろ見に行かなくちゃ...」と焦っていた時に限って、ほんの数時間前に折れたであろう枝を発見することが多い。そんな時は本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。今年も一歩遅かった。樹も待っていたのかもしれないのに。ごめんね。



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]