忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2018.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっさと見直して終わりだろうと思っていたプルーンの仕上げ摘果。
やり残した枝や、摘果が甘い箇所があって手間取っている。

で、こちらは何度も登場する自家用の桃「たまき」。
順調な降雨により、いつの間にかこんなに成育!!(6月2日の記事
やはり早生モノは違うね。

0625.jpg

果皮はまだ青いが、いっちょまえにお尻が赤くなってキタ。
もう2週間もすれば収穫できそう?

さて、くだもの案内の発送を急がねば...(たまきは自家用です)
PR
もも「白鳳」の仕上げ摘果に突入。

紀州梅の大粒を彷彿させる実。
ちょっと見ないうちに立派になって...

こんな夜はやはり自家製梅酒ですね。

0611.jpg
お湿りがある度に果実はぐんぐんと成育。

写真は自家用の桃「たまき」ですが、前回の記事から2週間。
もうこんなに大きくなっていて毎年ながら焦ります。

現在は大急ぎでプルーンを摘果中。
なかなかりんごの作業に移れずにいて焦りは倍増ですが
果樹農家の仕事は「やれば終わる、やらなきゃ終わらない」
そんな作業の連続なのです。

桃にはこんな実もあって。

もちろんこういう実は予備摘果ですべて落としますが
おしりのような可愛らしさに萌え〜(またか)
何となく1つ2つポケットに入れて持ち帰って来てしまう。


桃「たまき」の成育状況。
自家用ですが、きっちり摘果してあります。

大玉品種ではありませんが早生なのでわりと成育が進んでいる様子。
この時期の桃はまだまだ扁平でも、果皮にはすでに「毛」をまとっており
萌えポイント上昇中。


映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]