忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

りんごやももの摘果をやったり、パープルの捻枝(ねんし)をしたり。
あっちこっち行って忙しない日々。

捻枝というのは、棚に誘引するためにその枝をねじること。これがまた手間がかかるのなんの。慣れないせいかホイホイと進まない作業である。

指導をお願いしている波平さんは「棚付けは大変ですけど、この後は楽しい作業ですよ〜♪」なんて言ってるけど、私にしてみればこの後の1ヶ月に集中する摘心房切り(房の整形)、ジベ(ジベレリン処理)1回目、摘粒、ジベ2回目...

これらの作業こそが、地獄だと思うのだが...

今年はいろいろ初めてなので楽しむ余裕はゼロに等しい。ていうか、作業全体が間に合っているんならどんな作業も余裕を持って楽しめると思うよ(笑)。本当にパープルだけに集中できる環境があればどれだけいいか。ま、地獄の中でも面白さを見つけられるくらいになりたいね。

ただ、やっぱり中梢栽培って手間かかるよね。来年は”なんちゃって短梢”に切り替えようかなぁ...



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]