忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[444]  [443]  [441]  [442]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱穀、終わる。収量は平年並み。

空が青くて、雪で白くなった北アルプスが見えて、いい日和だった。

ここに来た頃は脱穀の作業だけでヘロヘロになったものだが、今ではそれほどでもなく、藁やハゼ棒の片付けまでやってもそれほど疲れない。6年目にして百姓の身体が出来てきたのだろうか。今日はきっと今年最後にして最高のビールだ。

収穫したお米の半分は自家用。昔と比べて機械化された分すごく楽なんだろうが、ニッポン人としての実りと言えばやはりお米。たまには自分たちのための実りを実感することも必要だと感じる。以前はここで穫れたお米を送ってもらって食べていたけれど、今考えれば、よくもまぁタダ米をのうのうと食べていられたものだと、神経を疑う(笑)

親元からタダでお米をもらっている方。せめて田植え・稲刈り(または脱穀)くらいは手伝いましょう。身体と手を動かすこと。五感を刺激すること。家族で行うこと。農から得られるものって何なのか。それぞれに見つけて欲しい。



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]