忍者ブログ
人にとって作物とは?植物の存在とは?めぐり合わせで果樹栽培を営むことになった信州のとある農業者が思うこと
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

39
39歳になりました。
(同じ誕生日のKINTAさん、ひよりちゃん、おめでとうございます)

room2009.jpg

年末年始というと必ず実家への帰省がイベントとしてあったけれど
今年は珍しく自宅でのんびり過ごすことができました。
正月気分が抜けない内に外出してみたくなったので
昨日須坂市どうぶつえんへ向かいました。

何年かぶりの須坂市どうぶつえんは以前と同じくチープな雰囲気を
ぷんぷんと漂わせ、多少の物悲しさ感も相変わらず。
でもそれが魅力でもあり、時々こういう場所へ来たくなるのは何故?

20090104b.jpg

20090104c.jpg

目玉な動物はやはりアカカンガルーのハッチ家族のようですが
フクロウやウズラ等の鳥類の地味なラインナップがわりと好き。

今時入園料200円は有り難くもあるんだけど
動物園自体が臥竜公園という桜の名所の中にあって、
小さな山の周りをぐるりと登るように展示されているため
動物たちとの距離に奥行がなく、いわゆる「ひき」がない。
間近で見られるのはいいけど、檻(柵)がビシビシあって邪魔。
もう少し立地に合った展示にならないものだろうか。

それを思うと豊橋の動物園はすごくいい。
野生のように放たれた動物がいれば、マニアックな展示もあり、
中でも素敵なのは「極地動物」と「夜行性動物」のゾーン。
動物園、植物園、自然史博物館、遊園地と敷地がえらく広いんですが
入園料はたしか600円。
こちらの方がお得感あり。

今週末の帰省で時間があれば行ってみよう。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
映画
ブログ内検索
管理人(ハナイ)
長野県須坂市に住む。夫と共に果樹の世話をして収穫して出荷・販売することが仕事。栽培品目はもも・プルーン・りんご・ぶどう・アスパラガス。趣味はMac、写真、庭に訪れるレア度の低い野鳥の観察、CSで撮りためた日本映画を夫と観ること。仕事以外はわりとインドアである。
コメント
[10/01 KINTA]
[09/15 FURUICHI]
[08/16 下栗のマリマリ]
[08/16 下栗のマリマリ]
[07/01 FURUICHI]
↑メモのマークは管理者からの返信付きの意
バーコード
広告
メールフォーム
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]